backtotop

Categories: IT

UQ WiMAXサービスには色々な料金プランがありますが、25ヵ月間契約が基本です。
なぜかと言えば、25ヵ月間継続の契約を結ぶ事で、25ヵ月間の月額使用料が500円分割引きになるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。
加えて、契約から26ヵ月目以降になると長期利用割引が適用されるので、結果的には、契約期間中ずっと500円安い状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事が出来ます。


500円と聞くと大した金額ではありませんが、割引きは月単位の事ですので、お得感はどんどん重なって大きくなります。WiMAXのサービスの中でも、一番サポート体制がしっかりしているのはUQ WiMAXでしょう。WiMAXサービスに対して情報を一番持っていますし、トラブルが起きた際の対応も最も迅速かつ的確で、サポート受付け時間も最長です。
けれど、UQ WiMAXはその分キャンペーン特典の内容がイマイチなので、代理店と契約をすると言う方法もあります。

代理店だとキャンペーン特典がある程度充実してますし、サポート関連はUQ WiMAXを利用すると言う良いとこ取りが出来ます。

 

WiMAXサービスを取り扱っているプロバイダの中の一つで、So-netモバイルWiMAX 2+って言うプロバイダが存在します。このプロバイダが展開しているWiMAXサービスなのですが、12ヵ月間セキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う部分が特徴的です。(Speed Wi-Fi NEXT W01が新発売!その特徴は?参照)

So-netモバイルWiMAX 2+の特典になるセキュリティサービスですけど、カスペルスキーと言う会社のマルチプラットフォームセキュリティと言う名称のセキュリティサービスとなります。
月額500円掛かる有料サービスですから、金額的に6000円分のお得感があると言えるでしょう。

 

WiMAX端末は通常の値段が20000円しますし、クレードルセット販売で22750円も掛かります。結構な金額となりますので、WiMAX契約の際の足かせとなります。
そんな訳で、各プロバイダではWiMAX端末の無料プレゼントキャンペーンを行っています。プロバイダによってはクレードルセットで無料の所もありますから、そう言うプロバイダを選択すると良いです。

WiMAXの提供元は、auのグループ会社であるUQコミュニケーションズです。そんな訳で、auに連動したサービスがいくつかあります。
そんな中でも代表的なものが、auスマートバリューmineになります。WiMAXサービスの契約を行った後にauにて手続きを行なうと、auのサービスの料金が割引きされるサービスです。評判のWiMAXに関する口コミサイトを見ていると、賛否両論、色々と意見があります。

例えば、通信速度が遅いだとか、そんな批判的な意見もあります。

なのですが、WiMAXの基地局の増設に伴ってWiMAXの受信具合は良くなる一方です。

従って、実際にWiMAXを使用すると、思ったほど悪く無いと感じるケースは多いです。

口コミでWiMAXについてあれこれ調べる場合、投稿日が古いほど信用性が下がると意識するようにしましょう。

 

WiMAXサービスを提供しているプロバイダの間において、評判のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+を思い浮かべる方は少なくないです。GMOとくとくBB WiMAX 2+は様々なキャンペーンを用意しており、そのラインナップの豊富さも人気の秘密です。ですけれども、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選ばれる最も大きな理由は、業界最高額のキャッシュバック特典が挙げられます。尚且つ、保証体制もしっかりしていて、それが評判を支える大きな部分となっているのです。

 

UQ WiMAXの醍醐味は、速度制限が厳し過ぎないと言うところにあります。

他社のモバイルインターネットサービスだと、通信制限が怖くて映画など見てられません。

可能な事と言えば、5分程度の動画を数日に一回程度観る位でしょう。それに対し、WiMAXなら普通に映画が観れますし、24時間インターネット番組を流しっぱなしにしても平気です。

家電量販店で、光回線を店員からお勧めされました。私はWiMAXを使っていますので、無論、光回線は不要です。

 

店員に対してそう言う回答をすると、考えてなかった返事を貰いました。WiMAXって言えば、強風の日とか使えなくなるでしょう?とは言うものの、これまで毎日のように使っているWiMAXではありますが、WiMAXと天候を関連付ける経験は一度だってありませんでした。台風で天気が大きく荒れた日も何度かありましたが、WiMAXへの何かしらの影響はありませんでした。WiMAXのサービスは25ヵ月間の契約が基本になっていて、期間内に解約をしてしまうと契約解除料を取られてしまいます。それほど長期契約期間になっていますから、きちんとしたとこと契約を行いたい所です。

意外と見落とされがちなのが、各契約先のカスタマーサービスの対応です。

コールセンターの営業日が平日のみだったり、フリーダイヤルじゃ無かったりするプロバイダも少なくないですから、しっかりと判断してから申し込みを行いたいものです。
WiMAXサービスの月額料金ですけど、なんと、契約先で金額が異なります。
例えば、Broad WiMAXの場合は初めに高額な初期費用が掛かる代わりに、契約期間中は毎月の料金が割引きされます。そして、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金が非常に安いですけど、申し込み25ヵ月目の月額料金は高くなります。こう言った感じに、それぞれの契約先によって月額料金に特徴がありますから、それを把握した上で契約先を決めましょう。
WiMAXサービスを提供しているプロバイダの間でも、少し他と違うのが3WiMAXってプロバイダです。

 

WiMAXサービスのプロバイダと言うとUQ WiMAXの系列のものが殆どなのですが、3WiMAXはKDDI系統のWiMAXサービスを取り扱っています。

 

なので、3WiMAXでは提供されているWiMAX端末の機種が、UQ WiMAX系統のプロバイダとは全然違います。
例を挙げると、3波を束ねるキャリアアグリゲーションにより下り最大通信速度が370Mbps出る点が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出せるUSBタイプのWiMAX端末となるSpeed USB STICK U01は、UQ WiMAX系統のプロバイダには提供されていません。人気のWiMAXサービスではありますが、通信速度の制限処理に注意しながら使用しましょう。
他のモバイルインターネットサービスと比べると、WiMAXは緩めの速度制限の設定となっています。
とは言えども、一定の通信量を超えると速度制限の対象となりますから、通信速度の対象となる基準は把握しておきましょう。
でも、万が一速度制限に掛かってしまっても、そこまで神経質に考えなくても問題無くインターネットは出来ます。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後に続くモデルとしてお披露目となったWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15です。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持つ主な特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を使い分ける事が可能だと言う点が挙げられます。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーに対応して、従来のWiMAX端末のWiMAX回線と比較すると、一回り広いエリアでの通信を行えます。
加えて、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルに対応した部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14と比較した時の全く違うところと言えます。WiMAXサービスを展開しているプロバイダなのですが、幾つか存在します。

それぞれのプロバイダが行っているキャンペーンによってお得感は異なりますから、この部分、ご注意下さい。
具体例を言うと、出来るだけ安くWiMAXサービスを利用したいのであれば、GMOとくとくBB WiMAX 2+と言うプロバイダがお勧めのプロバイダと言う事になります。
こういった様に、各キャンペーン毎に契約内容は違いますから、自分にあったプロバイダと契約を行いたいものです。

WiMAXを取り扱うプロバイダの一つに、Broad WiMAXといったプロバイダがあります。

 

Broad WiMAXの特徴としては、月額の料金が安い部分が挙げられます。
その分だけ初期費用が高額なのですけれど、クレジットカード払いの方は初期費用が無料になるキャンペーンが実施されています。契約25ヵ月目以降は業界最安値のプロバイダですから、長い期間契約を継続する人にとってお勧めのプロバイダです。
Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOと言う機能に対応して、下り最大通信速度が以前の二倍となる220Mbps出る部分が特徴のWiMAX端末です。

4×4MIMOと言う機能はWiMAX端末内に装備されている4本の受信器と、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線の同時通信を行なう技術の事です。
その技術により、下り最大通信速度が以前の110Mbpsと言った速度から、倍の220Mbpsになる訳なのです。

他にも、Bluetoothに対応していますから、Wi-Fiよりも少ない消費電力でテザリングをする事が出来ます。

 

Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリーの消費を減らす部分が強化されたWiMAX端末です。その理由として、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOは通信速度が倍になるメリットがある一方で、バッテリーの消費が激しかったからです。
そんな訳で、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる機能となる、バランスモードと呼ばれる機能が新たに導入されました。
加えて、三日間の総通信量が表示される機能が新たに加えられ、混雑回避のための速度制限に対する対策が行いやすくなりました。URoad-StickはUSBサイズの軽量かつコンパクトなWiMAX端末で、持ち歩きが楽で利便性が高いです。

URoad-StickをUSBポートに挿し込む事により、給電しながら使用する事が可能です。

 

ややこしいセットアップも不要で使用出来ますから、そんな簡便性が人気のWiMAX端末となっています。対応している通信回線はWiMAXとWiMAX 2+となっていて、下り最大通信速度としては110Mbps出力する事が出来ます。

WiMAX通信に対応した通信機器は、次々と新しいものが発売されています。個々により性能が異なり、出来る事も異なります。
中でも驚いたのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14のお披露目です。このWiMAX機器はau 4G LTE回線に対応し、当時はまだ不十分だったWiMAXの通信可能範囲をカバーする事が出来ました。WiMAXには料金プランが幾つかあります。
プロバイダ毎に多少の違いはありますが、大まかに分けると2種類の料金プランが存在します。
2種類の料金プランについてですが、通常プランと言う料金プランとギガ放題プランと言う料金プランです。
ギガ放題プランだと月額料金の価格設定が高めになりますが、たっぷりと通信を行なう事が出来るお得な料金プランです。
一方で、通常プランは月額料金が安いですが、速度制限の規制が厳しくなる分、使い勝手は悪くなります。自分のライフスタイルに合わせて、料金プランを選択すると良いでしょう。

新たにWiMAXサービスを導入した事で、私の生活は変わりました。一番変わったのが、スマートフォンで7G制限を気にする事がなくなりました。
Wi-Fiテザリングを使ってWiMAX端末でインターネットを行なうから、スマホの通信量は浪費しなくなった訳です。
だから、スマホサイトに動画が埋め込まれている場合でも、気にせず普通に視聴出来るになりました。
WiMAXサービスを提供してるのプロバイダの中では、完全オリジナルのキャンペーン特典が用意されているところも存在します。例えば、DTI WiMAX 2+ってプロバイダのケースだと、DTI Club Offと言うDTI会員限定のオリジナル割引特典が利用出来ます。
DTI Club Offとは、日本全国にある旅館やレジャー施設、加えて、温泉施設やインテリアショップ、レストランや居酒屋などなど、さまざまなサービスを特別優待価格で使用する事が出来ます。映画のチケットやミュージカル、美術館や展覧会など、書ききれない程対象となるサービスは幅広いですから、さまざまな方に価値を感じて貰う事が出来ます。Speed USB STICK U01はUSBタイプの小型なWiMAX機器で、下り最大通信速度が220Mbpsも出す事が可能な点が特徴のWiMAX機器です。
その秘密は2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を束ねて使用する事で、今までの二倍の通信速度を出す事が可能になるキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。また、Speed USB STICK U01と言うWiMAX機器はau 4G LTEと言う通信回線にも対応していますので、人口カバー率99%と言う広大な通信エリアに対応する事が可能です。
Speed USB STICK U01はバッテリーを内蔵していませんので、USBポートから常に給電しながら使用するタイプのWiMAX端末になります。

WiMAXを利用する際に、注意する速度制限は二つあります。ひとつめが、月間データ量による速度制限って言う、7G制限と言われているものです。二つめが、混雑回避の為の速度制限って呼ばれるものがあります。ギガ放題プランに申し込む事で、ハイスピードモードを設定時の月間データ量による速度制限は適用外となります。

だけど、混雑回避の為の速度制限は適用されます。
WiMAXの端末の機種には、au 4G LTEと言ったauの通信回線に対応している機種もあります。
au 4G LTEは人口カバー率が99%の通信回線で、広いエリアで利用出来ます。
その上、800MHzのプラチナバンドを使っていますから、奥まった場所まで電波が届きます。
その一方で、一回でも使用すると月額1005円の回線使用料が請求されますし、ギガ放題プランであっても速度制限が掛けられます。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションと言う機能を搭載して、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末として登場しました。
Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が発売された当時はキャリアアグリゲーションに対応している地域は限定的でしたが、今は対応している地域が拡大しています。

更には、au 4G LTEと言う機能はHWD15から踏襲し、広大な地域での通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つになってます。勿論、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う専用の充電台にも対応していて、充電しつつのインターネットにも対応しています。月額料金が安価なWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXが挙げられます。二度見するほど月々の費用が安いプロバイダですから、色々と条件を付けない中であると、業界最安値のWiMAXのプロバイダと言えます。
ですけれども、auスマートバリューmineに非対応ですので、auのスマートフォンやケータイと契約しているユーザーにしてみれば、あまりうまみのないWiMAXのプロバイダと言っても良いでしょう。
それに加えて、電話でのユーザーサポートが休日以外の10時から18時までしか対応していませんので、そんな部分でも注意が必要なWiMAXのプロバイダと言う事になります。モバイルのインターネットサービスは、WiMAX以外にも様々なサービスがあります。

 

一つの例として、速度制限無しと言う点で話題のぷららモバイルLTEがあります。ぷららモバイルLTEには速度制限がありませんが、通信速度が3Mbpsしか出ないと言うのはデメリットとも言えます。この通信速度は、速度制限時のWiMAXの通信速度よりも遅いです。

ですので、速度制限が無いと言うウリ文句ではありますが、WiMAXで言うと、いつも速度制限状態と変わりありません。WiMAXサービスの魅力としては、インターネットの利用を無線通信で行なう事が出来ると言う部分があります。

無線を介しますから、固定回線のように契約くした住所に縛られる事がありません。

 

それに加え、WiMAX端末はポケットサイズですから、どこでも持ち運びが出来ます。

 

そう言う部分を考慮すると、タブレットとの相性が抜群です。そう言う理由から、WiMAXプロバイダの中にはタブレットの無料プレゼントを行っている所も存在します。