backtotop

Categories: IT

WiMAX端末は、日々進化を遂げています。
その中でも、通信速度が速まり、現在のところ、下りの最大通信速度で220Mbps出ます。ところが、最近は通信速度よりも、通信量の方が気にかけられる傾向にあるみたいです。最新WiMAX端末のWX02やW02も、WX01やW01の通信量の表示機能が追加されたと言う形で発売されています。どうしてかと言うと、3日間で3GB以上の通信を行った場合に適用される速度制限、これが厳格になってしまったのが原因です。
って事で、製造会社や使用者的には、ここに敏感になっているのです。

周知のようにWiMAXには速度制限がありますが、そんなにハードなものではありません。ギガ放題プランに申し込めば、ハイスピードモードに対する月間データ量による速度制限がないです。
混雑回避の為の速度制限の時も、他のモバイルインターネットサービスの3倍の通信量を利用する事が出来ます。

通信制限の時であっても、動画を観る事が可能な通信の速さは維持されます。
Speed Wi-Fi NEXT WX02は4×4MIMOに対応し、下り最大通信速度が以前の二倍となる220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。4×4MIMOとはWiMAX端末内に装備されている4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線の同時通信を行なう技術の事を指します。そのテクノロジーにより、下り最大の通信速度が以前の110Mbpsと言う速度から、二倍の220Mbpsとなるのです。加えて、Bluetoothに対応してますので、Wi-Fiよりも少ない電力でテザリングを行なう事が可能となります。(WiMAXとiPod touchの組み合わせってどうなの?から)
WiMAX機器の中には、au 4G LTEと言ったauの通信回線に対応しているものもあります。au 4G LTEは人口対応率99%と言う通信回線で、広いゾーンで利用出来ます。その他、800MHzのプラチナバンドの電波を使っていますので、隅々にまで電波が届きます。

その一方で、一回でも使用すると月額1005円の回線利用料金が請求されますし、速度制限が適用されます。UQ WiMAXを手に入れると、WiMAX端末しか必要ないから、家の中がさっぱりします。
光回線だとモジュラージャックとモデムとWi-Fi機器が必要で、その間をLANケーブルで繋ぐ必要があります。モデムには毎月レンタル料金が掛かり、毎月の使用料金に上乗せされます。手段としては、モデムに無線カードを差し込むと言う事も出来ますけど、無線カードを使用する場合はレンタル料を取られてしまいます。

WiMAXと契約を申し込む時、色々なキャンペーンサービスが付いて来ます。
中でもお勧めなのは、公衆無線LANが利用可能になるサービスでしょう。UQ WiMAXでしたらUQ Wi-Fiプレミアム、そして、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言った感じのものです。どのプロバイダと契約を行っても付いて来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスと比べ、多くのWi-Fiスポットと契約しているサービスです。WiMAXサービスを運営してるのプロバイダの中には、完全オリジナルのキャンペーン特典が用意されているところも存在します。具体例を挙げれば、DTI WiMAX 2+ってプロバイダのケースだと、DTI Club OffってDTI会員限定のオリジナル割引特典が付いて来ます。
DTI Club Offとは、全国各地にある宿泊施設やテーマパーク、その上、温泉施設やインテリアショップ、レストランや宅配ピザなどなど、さまざまなサービスを特別優待価格で利用する事が可能です。

 

展覧会やミュージカルのチケット、美術館やカラオケなど、書ききれないくらい対象となるサービスは幅広いですから、幅広い方にお得感を感じて貰う事が出来ます。
Speed USB STICK U01はUSBサイズのWiMAX機器で、下り最大通信速度が220Mbps出る点が特徴のWiMAX機器です。その仕組みは2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を同時に使用する事で、従来の倍の通信速度を出す事が可能になるキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。更に、Speed USB STICK U01と言うWiMAX機器はau 4G LTEと言う通信回線にも対応していますので、人口カバー率99%と言う広大な通信エリアに対応する事が出来ます。

Speed USB STICK U01はバッテリーを機器内に装備していませんので、USBポートから給電しつつ利用するタイプのWiMAX端末となります。
Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションと言う機能を搭載して、初の下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末として登場しました。
Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が発売された当時はキャリアアグリゲーションに対応している地域は限定的でしたが、今は対応地域が拡大しています。
なおかつ、au 4G LTEと言う通信機能はHWD15から踏襲し、広いエリアでの通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。
勿論の事ですけど、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う充電台にも対応していて、充電しつつのインターネットにも対応してます。
WiMAXサービスを導入した事で、私の日常は一変しました。
最も大きかった事は、スマホ通信で7G制限に気を取られる必要がなくなりました。Wi-Fi通信を使ってWiMAX端末でインターネットを行なうので、スマートフォンの通信量は消費しなくなった訳です。
そして、スマートフォンサイトに動画が設置されている場合であっても、気にせずPCのように視聴出来るになりました。WiMAXサービスの利用の際、料金プランが幾つかあります。プロバイダ毎に多少の違いはありますが、2種類の料金プランが存在します。
その料金プランとは、通常プランとギガ放題プランと言う料金プランです。
ギガ放題プランだと月額料金が高くなりますけど、その分だけたっぷりと通信量を楽しむ事が出来ます。一方、安さがメリットの通常プランがありますが、速度制限の規制が厳しくなる分の注意が必要です。
自分が1ヵ月でどれくらいの通信を行なうか照らし合わせて、料金プランを選択すると良いでしょう。WiMAXサービスを提供しているプロバイダの間において、人気のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+を思い浮かべる方は少なくないです。

 

GMOとくとくBB WiMAX 2+は様々なキャンペーンを行っており、そのラインナップの豊富さも評判の秘密です。

 

そればかりか、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選ばれる一番の大きな理由としては、業界の中でも最高額のキャッシュバックキャンペーンが挙げられます。

 

なおかつ、サポート体制もしっかりしているので、そう言った点が評判を支える大きな部分となっているのです。WiMAXの中において、最もサポート関連が充実しているのはUQ WiMAXで間違いありません。
WiMAXサービスに対する情報を一番持っていますし、トラブルが起きた際の対応も最も早くて的確で、電話サポートの受付け時間も一番長いです。
ですが、UQ WiMAXはその代わりにキャンペーン特典の中身がイマイチですから、代理店に申し込みをすると言う手段もあります。代理店ならキャンペーンの中身がある程度充実していますし、サポート対応はUQ WiMAXを利用すると言った良いとこ取りが出来ます。
現在、WiMAXサービスのプロバイダの中には、オリジナルの保証制度を用意するプロバイダが出て来ています。

例として挙げると、Broad WiMAXではご満足保証と言う保証制度を用意しています。
そして、GMOとくとくBB WiMAX 2+では20日の保証制度を導入しています。
いずれの保証制度にしろ、違約金を支払わずにWiMAXの解約を行なう事が出来ると言う制度となります。
WiMAX端末は通常価格が20000円しますし、クレードルセット販売で22750円もします。

結構な金額になりますので、WiMAX契約の際の足かせとなります。ですので、それぞれのプロバイダではWiMAX機器の無料プレゼントキャンペーンを行っています。プロバイダによってはクレードルとセットでタダの所もありますので、そう言うプロバイダを選択すると良いです。
WiMAXサービスを取り扱うプロバイダの中に、So-netモバイルWiMAX 2+ってプロバイダがあります。

このプロバイダが運営するWiMAXサービスなのですが、1年間セキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う点が特徴です。
So-netモバイルWiMAX 2+の特典になるセキュリティサービスですけど、カスペルスキーと言う会社のマルチプラットフォームセキュリティと言う名称のセキュリティサービスとなります。

本来は月額500円のサービスですから、金額的に6000円分のお得感があると言えるでしょう。

WiMAXサービスは25ヵ月間契約が基本になっていて、途中で解約をしてしまうと違約金を請求されてしまいます。
それだけ長期契約期間になっていますから、しっかりとしたところに申し込みを行いたい所です。うっかり見落とされがちなのが、各申し込み先のサポートセンターの応対です。

電話対応が平日だけだったり、ナビダイヤルを採用しているプロバイダも少なくないですから、ちゃんと考慮してから契約を行いたいものです。UQ WiMAXサービスには色々な契約プランがありますけど、25ヵ月間に渡る契約が一般的です。
それは、25ヵ月間継続の契約をする事で、25ヵ月間の月額料金が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。加えて、契約から26ヵ月目以降になると長期利用割引が適用される為、その結果、ずっと500円割引きされた態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事になります。
500円と聞くと大した金額ではないですが、割引きは毎月の事ですので、お得感はどんどん重なって大きくなります。
WiMAXの強みは、インターネットの利用を無線で行なう事が可能だと言う利便性にあるでしょう。
無線を介しますから、固定回線のように契約くした住所に縛られる事がありません。

重ねて、WiMAX端末は小型ですから、携帯性に優れています。そんな部分を考慮すると、タブレットとの相性が抜群です。
である為、WiMAXとタブレットとのセット売りを行っているプロバイダもあります。

WiMAXの契約先となるプロバイダは、複数存在します。

各プロバイダのキャンペーン特典でお得感に差がありますので、そのあたり、注意しましょう。
具体例を出すと、最も安心感のあるところとWiMAXの契約を行いたいと言うのならば、UQ WiMAXの一択になります。こんな感じなので、各キャンペーンでお得感は違いますので、しっかりとしたプロバイダを選ぶようにしましょう。nifty WiMAXでWiMAXサービスの申し込みを行なうと、Wi-Fiサービスを無料で利用する事が可能となるキャンペーン特典が付いて来ます。対象となるWi-Fiサービスですが、nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類です。nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスですが、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を利用する事が可能になります。
WiMAX端末が手元になくても利用する事が可能ですし、通信制限も気にしなくて良いですから、凄く人気のあるサービスとなっています。
ワイマックスと言うネット通信サービスがあるのですが、このネット通信サービスって、帯域の規制具合が多少余裕があって、そこがポイントとなります。

 

と言う訳で、じっくりと通信を行なう予定があるのならば、ワンプッシュ出来るモバイル環境と言えます。
7G制限が気がかりと言う方は、一案として考えてみてはいかがですか?WiMAX通信機の大きさは、ポケットサイズです。そう言う理由で、外に持ち出せます。ポケットに入る大きさですし、重さも厚みも大した事なく、ポケットに入れても余裕があります。
WiMAX端末は、スマートフォンアプリを使って操作する事が出来ます。なので、ワイマックス通信機をカバンの中に入れ、そのまま使使う事も出来ます。
最近のUQ WiMAXサービスと言うと、au 4G LTEと言う通信回線に対応しているWiMAX機器も登場しています。
au 4G LTE通信はauの基地局から発せられる通信回線を使用し、日本の人口カバー率が99%を超える、とても受信しやすい通信回線です。
800MHzと言う低周波数域を使用したプラチナバンドなので、障害物があっても貫通したり回り込んだりするので、奥まった場所まで電波が行き渡りやすいです。従来のau 4G LTE通信の下り最大通信速度は75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsと言う高速通信に対応しているエリアや、下り最大通信速度が150Mbpsに対応している地域も増えて来ています。WiMAXに対応している通信機器は数種類存在します。

 

新しいWiMAX端末が次々と発売されていて、WiMAXはどんどん利便性が増しています。例えば、WiMAX回線を使った通信しか出来なかったWiMAX端末に、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線も使用可能となりました。

他には、通信速度の向上が目まぐるしいです。キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが導入された時も、通信速度が220Mbpsへと速くなりました。WiMAXの提供元となるのは、auのグループ会社であるUQコミュニケーションズです。
そんな訳で、auと連携したサービスが複数存在します。その中で特徴的なのが、auスマートバリューmineとなります。

WiMAXサービスの契約を行った後にauで手続きを行なうと、auのサービスの料金が割引きされるサービスです。

WiMAX通信専用のデータ端末は、次々と新しいものが発売されます。

それぞれにより性能が異なり、出来る事も異なります。

中でも衝撃的だったのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の発売です。

このWiMAX端末はau 4G LTEに対応していて、当時はまだ不足していたWiMAXの通信エリアをカバーする事が出来ました。

WiMAXサービスを取り扱うプロバイダの中に、Broad WiMAXといったプロバイダが存在します。
Broad WiMAXの強みとしては、月額料金が安い点が挙げられます。その分だけ初期費用が高額なのですが、クレジットカード払いの方は初期費用がタダになるキャンペーンが実施されています。契約から25ヵ月目以降は業界最安値のプロバイダですから、長く契約を続ける方にはお勧めのプロバイダとなります。モバイルタイプのインターネットサービスは、WiMAX以外にも様々なサービスがあります。

 

例えばですが、速度制限のないぷららモバイルLTEと言うサービスがあります。ぷららモバイルLTEには速度制限がありませんが、最大通信速度が3Mbpsほどしか出ないのです。ぷららモバイルLTEの通信速度ですが、速度制限の際のWiMAXよりも遅くなります。

そう考えると、速度制限無しと言っても、WiMAXで比べると、ずっと速度制限が掛かっている状態と同じです。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後継機として登場したWiMAX機器が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15ってWiMAX端末です。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている大きな特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三種類の通信回線を使い分ける事が出来ると言う点が挙げられます。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーに対応して、従来のWiMAX端末のWiMAX通信と比べると、一回りくらい広範囲での通信に対応しています。その他、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う専用の充電台に対応したところが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14との大きな違いと言えます。