backtotop

Categories: IT

WiMAX通信の出来る端末のサイズは、スマートフォンよりもコンパクトです。と言う事で、持ち出しするのにちょうどいいです。ポケットに収まる大きさですし、重さや厚みは大した事なく、ポケットに入れても余裕があります。WiMAX対応の通信機は、スマートフォンアプリを使って操作する事が出来ます。

そう言う理由で、ワイマックス機器をカバンの中に入れ、そのまま使用する事もできます。Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02とは、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリー消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。その訳としては、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOと言う機能は通信速度が倍になるメリットがあるものの、バッテリーの減りが著しかったからです。なので、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの量で判断して4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる機能となる、バランスモードと呼ばれる機能が新しく導入されました。その他、三日間の総通信量が表示される機能が新たに加えられ、混雑回避のための速度制限に対する対応が取りやすくなりました。(情報元:GMOとくとくBB WiMAX 2+の鬼安キャンペーンでWiMAXを安く!

 

WiMAX専用の端末はいくつかラインナップされています。新しい製品が次々発売され、WiMAX端末の機能は年々強化されています。例を挙げれば、WiMAX端末はWiMAXしか使用出来ない作りでしたが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線の両方にも対応するようになりました。他にも、年々向上している通信速度もその一つでしょう。

キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが導入され、通信速度が110Mbpsから220Mbpsへと向上しました。月額料金が安いWiMAXのプロバイダとして、Racoupon WiMAXと言ったプロバイダがございます。

 

驚くほど月々の費用が安いプロバイダですから、あれこれ制約を付けないのであれば、業界最安値のWiMAXのプロバイダだと言えます。だけども、auスマートバリューmineに非対応ですので、auでスマートフォンやケータイを契約しているユーザーにしてみれば、ほとんどお勧め出来ないWiMAXのプロバイダとなります。
しかも、電話でのユーザーサポートが休日以外の10時から18時までしか対応していない為、そう言う点においても注意が必要なWiMAXのプロバイダと言う事になります。
nifty WiMAXと言うプロバイダでWiMAXサービスの申し込みを行なうと、Wi-Fiサービスを無料で使用する事が出来るキャンペーン特典が付いて来ます。
キャンペーン対象となるWi-Fiサービスですが、nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類のサービスです。

nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスなのですが、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を使用する事が可能となります。WiMAX端末を所持してなくても利用する事が出来ますし、速度制限も気にしなくて良いので、とても評判の良いサービスとなっています。UQ WiMAXのサービスには色々な契約プランがありますが、25ヵ月間契約プランが基本です。と言うのも、25ヵ月間継続の契約を行なう事で、25ヵ月間の月額料金が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。

なおかつ、契約から26ヵ月が経過すると長期利用割引が適応になるので、終いには、ずっと500円安い状態でUQ WiMAXサービスを継続利用する事が出来ます。500円と聞くと高額な金額ではありませんが、割引きは毎月の事ですから、リーズナブル感は積もり積もって大きくなります。WiMAXサービスは25ヵ月間の契約が基本になっていて、途中で解約をしてしまうと契約解除料を取られてしまいます。それだけ長期契約期間になっていますから、しっかりとしたところと契約を行いたい所です。

 

意外と見落とされがちなのが、それぞれの契約先のカスタマーサービスの対応です。電話対応が平日のみだったり、フリーダイヤルじゃ無かったりするプロバイダもありますから、きちんと考慮してから契約を行いたいものです。

WiMAXサービスと契約を申し込む折、色々なキャンペーンサービスが付いています。中でも便利なのは、公衆無線LANのサービスでしょう。UQ WiMAXであるとUQ Wi-Fiプレミアム、あるいは、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言ったようなものです。
どのプロバイダと契約を行っても利用出来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、沢山のWi-Fiスポットと契約しているサービスです。

 

WiMAXを提供するプロバイダの一つに、Broad WiMAXってプロバイダが存在します。

Broad WiMAXの特徴としては、月額の使用料金が安い点が挙げられます。
その分だけ初期費用が高額なのですが、クレジットカード払いの人は初期費用が0円になるキャンペーンが行われています。

契約25ヵ月目以降は業界最安値のプロバイダなのですから、長く契約を継続する方にはお勧めのプロバイダです。
WiMAXサービスを運営しているプロバイダの中でも、評判のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+を思い浮かべる方は少なくないです。

GMOとくとくBB WiMAX 2+は色々なキャンペーンを展開していて、そのバリエーションの多さも評判の秘密です。ですが、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選ばれる最も大きな要因は、業界最高額のキャッシュバックキャンペーンにあります。

更には、保証内容もしっかりしていて、そう言った点が人気を支える大きな要因となっているのです。

WiMAX端末は普通の値段が20000円しますし、クレードルセット販売で22750円もします。
かなりの値段となりますので、WiMAX導入の際の負担になってしまいます。そう言うわけで、各プロバイダではWiMAX機器の無料プレゼントキャンペーンを行っています。プロバイダによってはクレードルとセットでタダの所もありますので、そんなプロバイダを選べば良いです。

 

WiMAX通信専用のデータ端末は、次々と新製品が発売されます。
それぞれにより機能が異なり、出来る事も違います。その中でも驚いたのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の発売でしょう。このWiMAX機器はau 4G LTEに対応していて、以前はまだ不十分だったWiMAXの通信可能範囲をカバーする事が出来ました。

人気のWiMAXサービスではありますが、速度制限と言う通信制限がある事も考えながら使いましょう。
他のモバイルインターネットサービスと比べると、そんなにWiMAXは厳しめな速度制限を設定していません。とは言っても、通信量によっては速度制限が適用されますので、速度制限が掛けられる基準を知っておくのが良いでしょう。
しかしながら、速度制限に掛かってしまった場合であっても、普通に映画を見る位であれば、インターネットは使用する事が可能です。周知のようにWiMAXには速度制限がありますが、そんなに厳しいものではありません。

WiMAXのギガ放題プランに申し込めば、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限がないです。
混雑回避の為の速度制限の際も、他社モバイルインターネットサービスの3倍の通信量を利用する事が出来ます。

通信制限が掛けられた時であっても、動画の視聴が可能な通信速度は維持されます。

WiMAX機器は、どんどん性能が上がって来ています。

 

特に、通信速度が速まって、今のところ、最大の通信速度が下りで220Mbps出ます。

 

ただし、この頃は通信速度より、通信量の通知機能に対して注目が集まっているようです。

 

新しいWiMAX機器のSpeed Wi-Fi NEXT WX02やSpeed Wi-Fi NEXT W02も、Speed Wi-Fi NEXT WX01やSpeed Wi-Fi NEXT W01の通信量の表示機能が追加されたと言う形で発売されました。
なぜかと言えば、混雑回避の為の速度制限、これが適用されやすくなって、利便性がガクンと落ちたのです。
だから、メーカーやユーザー的には、一番気になる関心事がここにスライドしたのです。

 

WiMAXのサービスの中でも、最もサポート関連が充実しているのはUQ WiMAXでしょう。

 

WiMAXサービスに対してデータベースを一番持っていますし、トラブル時の対応も最も迅速かつ的確で、サポート受付け時間も一番長いです。ただ、UQ WiMAXはその分キャンペーン特典の内容が今ひとつですから、代理店に申し込みをすると言う方法もあります。

代理店だとキャンペーン特典がそれなりに充実していますし、サポート関連はUQ WiMAXを利用すると言う良いとこ取りが出来ます。
UQ WiMAXを手に入れると、WiMAX端末しか必要ないから、室内がすっきりします。光インターネットだとモジュラージャックとモデムと無線ルーターが必要で、その間をLANケーブルで繋ぐ必要があります。
モデムは月々レンタル料が掛かり、毎月の使用料金に上乗せされます。

 

手段として、モデムに無線カードを差し込むと言う事も可能ですが、無線カードを使用する際はレンタル料金を取られてしまいます。

ワイマックスと言うサービスがありますが、このインターネット通信サービスって、通信制限が厳しすぎず、少しは使い勝手が良いです。そう言う事で、十分にインターネット通信を行なう目的の人にしてみれば、コレ以上のモバイルインターネットサービスはないでしょう。

通信制限をいちいち気にしてられないのならば、検討事項にしてみても良いでしょう。
某電機屋さんで、光インターネットサービスを始めないかと勧誘を受けました。私にはWiMAXがありますから、当たり前の事ですが、そんなものは不要です。
販売員に必要ないと伝えたところ、想定外の答えをされました。
WiMAXって言うと、天気によって受信具合がコロコロ変わるでしょう?とは言うものの、3年間WiMAXを使用して来た経験上、WiMAXが天気に左右され、使えなくなる等と言う事は一度もありません。
豪雨の中であっても、WiMAXへの悪影響は経験した事がありません。WiMAXサービスの口コミを読んでいると、色々と言われています。

例を挙げるとすれば、全然実用レベルではないだとか、そんな感じの悪い評判もあります。
とは言うものの、WiMAXを取り巻く環境は毎日変化しています。

そんな訳で、口コミの内容をそのまま鵜呑みにする事は出来ません。口コミサイトでWiMAXの記事を読む際は、記事の投稿日は最低でも確認しましょう。WiMAXを利用する時、注意する速度制限は二つあります。ひとつ目が、月間データ量による速度制限、俗に言われている7G制限って言われているものです。二つ目は、混雑回避の為の速度制限って呼ばれるものがあります。
ギガ放題プランに申し込む事によって、ハイスピードモードを設定時の月間データ量による速度制限は適用外となります。

ただ、混雑回避の為の速度制限に対しては適用されます。
WiMAXの素晴らしい所は、インターネットアクセスを無線通信で行なう事が出来ると言う特性にあります。
無線を使うと言う事で、どこからでもネットアクセスが可能となり、利便性は高まります。それに加えて、WiMAX端末は小型ですから、持ち運び性に優れています。

そんな部分を考慮すると、タブレットと一緒に持ち運んで、好きな場所から使用するのも良いです。そう言う理由で、WiMAXのキャンペーンの中にはタブレットの無料プレゼントが行われている所もあります。
WiMAXサービスを取り扱っているプロバイダの中に、So-netモバイルWiMAX 2+ってプロバイダがあります。このプロバイダが提供するWiMAXサービスですが、12ヵ月間分のセキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う点が特徴です。So-netモバイルWiMAX 2+の特典になるセキュリティサービスですけど、カスペルスキーと言う会社のマルチプラットフォームセキュリティと言う名称のセキュリティサービスとなります。本来は月々500円のサービスですから、金額的に6000円分のお得感になると言えるでしょう。流行りのインターネットサービスの動きを観察していると、モバイルインターネットも色々種類が出て、こちらの人気の高まりを感じます。

これまで主流だった固定回線は持ち運び不可だったのに対して、とても利便性が大きいのが特徴です。モバイルと言えば、不安定さを感じる方もいるでしょう。

ですが、昨今のモバイルの状況は進んでいますから、通信状況は良くなっています。ですので、モバイルとは言えども、侮れないです。

Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOに対応し、下り最大通信速度が以前の倍になる220Mbps出る部分が特徴のWiMAX端末です。4×4MIMOとはWiMAX端末内に装備されている4本の受信器と、WiMAX基地局に設置された4本の受信器で4回線同時の通信を行なう技術の事です。

この技術によって、下り最大通信速度が従来の110Mbpsと言った速度から、倍の220Mbpsとなる訳です。
その他にも、Bluetoothに対応していますので、Wi-Fiよりも少ない電力でテザリングをする事が出来ます。

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションを実装して、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末として登場しました。

 

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が発売された当初はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、今は対応エリアが拡大しています。
更に、au 4G LTE対応はHWD15から踏襲し、広大なエリアでの通信に対応している部分がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。
言う間でもなく、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルに対応してて、充電しながらのインターネットにも対応しています。
WiMAXサービスの醍醐味は、通信制限が厳し過ぎないと言う部分にあります。
他モバイルインターネットサービスなら、帯域制限が恐ろしくて映画など視聴出来ません。問題ない事と言えば、5分ほどの動画を数日に一回程度視聴する位ではないでしょうか?ですが、WiMAXなら普通に映画が観れますし、一日中インターネット放送を流しっぱなしにしても問題ありません。新たにWiMAXのサービスを導入した事で、私の日常は一変しました。最も大きかったのが、スマホで7G制限に気を取られる必要がなくなりました。Wi-Fi通信を使用してWiMAX端末でインターネットをするので、スマホの通信量は浪費しなくなった訳です。

 

そして、スマートフォンサイトに動画が設置されている場合であっても、気にせず普通に観れる状態になりました。

 

WiMAXの端末の中においては、au 4G LTEと言ったauの提供する通信回線を扱えるものもあります。
au 4G LTEは人口カバー率が99%と言う通信回線で、幅広いエリアで利用出来ます。
それから、800MHzのプラチナバンドを使用してますから、奥まった部分まで電波が届きます。代わりに、一回でも使用すると月額1005円の回線利用料金が請求されますし、ギガ放題プランであっても速度制限が適用されます。WiMAXの提供元となるのは、auの子会社となるUQコミュニケーションズなのです。なので、auと連携したサービスが複数存在します。

その中でも代表的なのが、auスマートバリューmineです。

 

WiMAXサービスの契約を行った後にauショップで手続きを行なうと、auの月額料金が安くなるサービスです。