backtotop

Categories: IT

WiMAXサービスの強みは、帯域制限が厳し過ぎないと言う部分にあります。

他社のモバイルインターネットサービスなら、帯域制限が恐ろしくて映画など視聴出来ません。可能な事と言えば、5分くらいの動画を数日に一回程度観る位でしょう。

けれども、WiMAXならば普通に映画が観れますし、一日中インターネット番組を流しっぱなしにしても平気です。確かにWiMAXには帯域制限がありますが、それほど厳しいものではありません。

 

ギガ放題プランへ申し込むと、ハイスピードモードの時の月間データ量による速度制限がありません。
また、混雑回避の為の速度制限の場合も、他のモバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を利用する事が出来ます。帯域制限が掛けられた時であっても、動画を観る事が出来る通信速度は維持されます。UQ WiMAXに申し込むと、その利便性の高さにビックリさせられます。自分が契約後に感じたのが、速度制限が厳し過ぎないと言うところです。(UQ WiMAXのキャッシュバックが最もお勧めな理由とは?から抜粋)

私はワイモバイルからUQ WiMAXへの乗り換え組なのですが、通信制限のせいでイライラする事が無くなりました。

UQ WiMAXサービスにも通信制限はありますが、ギガ放題プランで申し込めば気になるレベルでは無くなるのです。WiMAXを使用する時、注意すべき速度制限が二種類存在します。
まず、月間データ量による速度制限と言う、7G制限と呼ばれているものが存在します。ふたつめは、混雑回避の為の速度制限と呼ばれるものがあります。ギガ放題プランへ申し込む事で、ハイスピードモードを設定時の月間データ量による速度制限は適用外となります。
でも、混雑回避の為の速度制限に対しては適用されます。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後継機として発表になったWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15って言うWiMAX機器です。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている主な特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を利用する事が出来ると言う点が挙げられます。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーに対応し、これまでのWiMAX端末のWiMAX通信と比較すると、一回りほど広いエリアでの通信を行えます。合わせて、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルに対応したところが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14と比較した時の大きな違いな訳です。
モバイルインターネットサービスは、WiMAXの他にも様々なサービスが存在します。
一つの例として、速度制限を気にせず利用する事が出来るぷららモバイルLTEがあります。ぷららモバイルLTEには速度制限がないと言う話ではありますが、通信の早さは3Mbps程度しか出ないです。
この通信速度ですが、速度制限時のWiMAXの通信速度よりも遅いです。

 

そう言う理由から、速度制限無しとは言えども、WiMAXと比べれば、常に速度制限状態だと言えます。WiMAXの魅力は、無線通信でインターネットを利用出来ると言う利便性が挙げられます。無線を使用するので、どこからでもインターネットアクセスが可能となります。

それに合わせて、WiMAX端末は小型ですので、持ち運びに向いています。

そう言う部分を考えると、タブレットとの組み合わせが最高です。なので、プロバイダの中にはWiMAXとタブレットとのセット販売を行っているところもあります。
Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションを搭載し、初の下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末としてラインナップされました。

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が発売された当初はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、現在は対応しているエリアが広がっています。
加えて、au 4G LTE対応はHWD15からそのまま受け継ぎ、広大なエリアでの通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つになってます。勿論、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う専用の充電台に対応していて、充電しながらの通信にも対応しています。WiMAX端末は、どんどん性能が上がって来ています。その中においても、通信速度の向上が目立ち、今、220Mbpsもの通信速度が最大で出せます。

 

ただし、ここのところは通信速度より、通信量がどれだけ達したかについて気に掛けられる傾向があるようです。
最新WiMAX端末のSpeed Wi-Fi NEXT WX02やSpeed Wi-Fi NEXT W02も、WX01やW01の通信量の表示機能が追加されたと言う形で発売されています。なぜならば、3日間で3GB以上の通信を行ったユーザーに課せられる速度制限、これが厳しくなったからです。そう言う訳で、メーカーもしくはユーザー的には、一番気になる関心事がここにスライドしたのです。

 

WiMAX端末の大きさは、スマートフォンよりもコンパクトです。ですので、持ち運びするのに便利です。ポケットに入るサイズですし、重量も厚みも大した事無くて、ポケットが膨らむような事も無いです。

 

WiMAX端末は、スマートフォンアプリで操作可能です。従って、ワイマックス対応の通信機をカバンの中に入れ、そのまま使用する事も可能です。

WiMAXサービスを取り扱うプロバイダの中に、So-netモバイルWiMAX 2+って言うプロバイダがあります。

 

このプロバイダが運営するWiMAXサービスですが、12ヵ月間分のセキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う部分が特徴的です。
So-netモバイルWiMAX 2+の特典になるセキュリティサービスなのですけど、カスペルスキーと言う会社のマルチプラットフォームセキュリティと言うセキュリティサービスです。本来は月額500円掛かる有料サービスなので、6000円くらいのお得感になると言えるでしょう。最近のインターネット業界は、モバイル業界への企業参入が増えて、人気の高まりを感じます。
固定回線は使用場所が限定的なのに対して、利便性が大幅に上がっています。モバイルのインターネットサービスは、不安定さを感じる方もいるでしょう。
しかしながら、昨今のモバイルの状況は進んでいますから、通信状況は良くなっています。
そう言う事から、モバイルだからと言っても、不安定ではありません。WiMAX通信に対応したデータ端末は、次々と新製品が発売されます。個々により性能が異なり、便利さも違います。
そんな中においても衝撃的だったのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の登場です。
このWiMAX端末はau 4G LTE通信に対応していて、当時はまだ不十分だったWiMAXの通信エリアをカバーする事が出来ました。

 

WiMAXと言うモバイルサービスの提供元は、auのグループ会社であるUQコミュニケーションズです。
ですので、auと連携したサービスが複数あります。その中でも代表的なのが、auスマートバリューmineなんです。WiMAXの契約を行った後にauショップにて手続きを行なうと、auの月額料金が割引きされるサービスです。nifty WiMAXでWiMAXの申し込みを行なうと、Wi-Fiサービスをタダで利用する事が可能となるキャンペーン特典が付いて来ます。キャンペーンに対応するWi-Fiサービスですが、具体的には@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類となります。

nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスなのですけど、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を利用する事が出来るようになります。
WiMAX端末が手元になくても利用する事が出来ますし、帯域制限も気にしなくて良いですから、凄く人気のあるサービスとなっています。
WiMAXを提供するプロバイダの一つに、Broad WiMAXといったプロバイダが存在します。
Broad WiMAXの特性には、月額料金が安い点が挙げられます。
その分初期費用が高額なのですけれど、クレジットカード払いの方は初期費用が0円になるキャンペーンが実施されています。

契約25ヵ月目以降は業界で一番安いプロバイダなのですから、長く契約を続ける人にとってお勧めのプロバイダです。

UQ WiMAXを取得すると、WiMAX機器しか必要ないから、室内がすっきりします。固定回線だと電話線とモデムと無線ルーターが必要で、その間をLANケーブルで結ぶ必要があります。

モデムには月々レンタル料金が掛かり、月額料金に追加課金されます。

方法としては、モデムに無線カードを差し込む事も可能ですが、無線カードを使用する際はレンタル料金を請求されてしまいます。

人気のWiMAXサービスではありますが、多種多様の意見があります。例を挙げるとすれば、通信速度が遅いだとか、そんな悪い意見もあります。なのですが、WiMAXの通信環境は日々改善されています。ですから、口コミの内容が全てとは言えない状況下にあります。WiMAXに対する口コミを読むときは、記事の投稿日は最低でも確認しましょう。
WiMAXサービスのプロバイダの中でも、評判のプロバイダの一つにGMOとくとくBB WiMAX 2+があります。

GMOとくとくBB WiMAX 2+は色々なキャンペーンを展開していて、そのラインナップの多さも評判の秘密です。
ですけれども、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選ばれる一番の大きな要因は、業界でも最高額のキャッシュバックキャンペーンにあります。

なおかつ、保証体制もしっかりしていて、それが評判を支える大きな部分となっているのです。Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOを搭載し、下り最大通信速度が以前の倍になる220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。
4×4MIMOとはWiMAX端末に内蔵された4本の受信器と、WiMAX基地局に設置された4本の受信器で4回線同時の通信を行なうテクノロジーの事です。この技術によって、下り最大の通信速度が従来の110Mbpsと言う速度から、倍の220Mbpsになるのです。
他にも、Bluetoothにも対応してますから、Wi-Fiよりもわずかな電力でテザリングをする事が出来ます。Speed Wi-Fi NEXT WX01の後継機に相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリーの消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。

その理由として、Speed Wi-Fi NEXT WX01で新たに導入された4×4MIMOと言う機能は通信速度が二倍になるメリットがあるものの、バッテリーの消費が激しかったからなのです。
ですから、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの量で判断して4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる機能となる、バランスモードと呼ばれる機能が新しく搭載されました。加えて、三日間の総通信量が表示される機能が新たに搭載され、混雑回避のための速度制限への対策が取りやすくなりました。電機屋で、光回線の勧誘をされました。

 

私はWiMAXを使っていますので、勿論、そんなもの必要ありません。販売員にWiMAXがあるから必要ないと伝えたところ、想定外の答えをされました。WiMAXって、天気の悪い日は受信が悪くなるでしょう?なのですが、WiMAXを使い続けている私から言わせて貰えば、台風や強風でWiMAXが使えなくなるなんて事は一度足りともありませんでした。強風の中であっても、WiMAXの通信環境に影響を与える事はありませんでした。

 

WiMAXサービスは25ヵ月間契約が基本になっていて、途中で解約をすると契約解除料を請求されてしまいます。

 

そんな長期契約期間になっていますから、きちんとしたとこと契約をしたい所です。
意外と見落とされがちなところが、各契約先のカスタマーサービスの応対です。
コールセンターの営業日が平日のみだったり、ナビダイヤルを採用しているプロバイダもありますから、しっかりと判断してから申し込みを行いたいものです。WiMAX端末の中においては、au 4G LTEと言うauの通信回線に対応しているものもあります。au 4G LTEは人口カバー率が99%と言う利便性の高い通信回線で、広いエリアで利用出来ます。

加えて、800MHzのプラチナバンドの電波を使用してますから、隅々まで電波が届きます。

他方で、一回でも使用すると月額1005円の回線利用料金が請求されますし、ギガ放題プランであっても速度制限が普通に掛けられます。WiMAXの通信を行なう為に、専用のWiMAX端末が必要です。次々と登場するWiMAX端末の種類は多く、WiMAX端末の機能は年々強化されています。
例として、WiMAX端末はWiMAXしか使用出来ない作りでしたが、2種類の通信回線であるWiMAX 2+回線やau 4G LTE回線も追加されました。
その上、通信速度が毎年速くなっています。キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが導入された時も、通信速度が110Mbpsから220Mbpsへと速くなりました。

 

人気のWiMAXとは言えども、帯域制限に注意しましょう。他のモバイルインターネットサービスと比べ、WiMAXはそこまで厳しい速度制限を設けていません。

 

けれども、速度制限が適用される場合がない訳ではありませんので、不必要に通信し過ぎるのは要注意です。とは言っても、速度制限が適用されたケースにおいても、動画を観たり、インターネットをしたりする位は出来ます。月額料金の安価なWiMAXのプロバイダとして、Racoupon WiMAXと言ったプロバイダがございます。

圧倒的に月額料金が安いプロバイダですから、あれこれ条件を付けないのであれば、業界で一番安いWiMAXのプロバイダであると言えます。

ですが、auスマートバリューmineに対応していませんので、auのスマートフォンやケータイと契約しているユーザーにとっては、あまりうまみのないWiMAXのプロバイダだと言っても過言ではないでしょう。
更に、直接のユーザーサポートが平日の10時から18時までしか対応していない為、そう言う点でも注意が必要なWiMAXのプロバイダと言えます。

UQ WiMAXサービスと言うと、au 4G LTEと言う通信回線を使用出来るWiMAX端末も登場しています。au 4G LTEはauの基地局から発せられる通信回線で、日本の人口カバー率99%を超える、非常に受信しやすい通信回線です。800MHzと言う低周波数を使用したプラチナバンドなので、障害物を貫通したり回り込んだりするので、奥まった場所まで電波が届きやすいです。従来のau 4G LTEの下り最大通信速度は75Mbpsでしたけど、下り最大通信速度が100Mbpsと言う高速通信に対応したエリアや、下り最大通信速度が150Mbpsに対応しているエリアも拡大して来ています。
WiMAX端末は通常価格が20000円しますし、クレードルのセット販売で22750円もします。結構な金額になりますので、WiMAX契約の際の足かせとなります。なので、各プロバイダではWiMAX端末の無料プレゼントキャンペーンを行っています。

プロバイダによってはクレードルとセットで無料のとこもありますので、そんなプロバイダを選べば良いです。
WiMAXのサービスを導入した事により、私の日常は大きく一変しました。

一番変化が大きかったのが、スマートフォンで7G制限に気を取られる必要がなくなりました。
Wi-Fi通信を使ってWiMAX端末でインターネットを行なうから、スマートフォンで使用出来る通信量は浪費しなくなった訳です。そう言う事から、スマホサイトにムービーが埋め込まれている場合であっても、ヒヤヒヤせずPCのように観れるようになりました。