backtotop

Categories: 生活/ 美容

スキンケアの方法が適切ではなく、そのせいで乾燥肌の悪化を招くことがあります。正しいスキンケアができているか振り返ってみましょう。スキンケアのやり方次第では、乾燥肌が悪化することがありますので、適切なスキンケアを行うようにしていきましょう。洗顔する時のこすりすぎによる刺激は、肌の保湿機能を低下させて乾燥肌を招くだけでなく、シミを作ってしまうこともあります。

肌表面の角質層はほかの部位に比べて傷つきやすいので、スキンケアで摩擦や刺激を与えることの無いようにしなければなりません。正しいスキンケアを心がけることが、肌を乾燥肌から守ることにもなるのです。皮膚は、ある程度は自己再生能力がありますので、洗顔によって皮膚に負担をかけたとしても、時間がたてば元通りの状態になります。ですが、徹底的にスキンケアをしようと考えて、就寝前にも、翌朝にも、入念な洗顔を続けていると、皮膚の保湿成分が奪われてしまいかねません。お肌の防御機構がしっかり機能していない時に、化粧品で皮膚に刺激を与えたり、紫外線や乾燥した空気に皮膚が触れると乾燥肌になってしまいます。その他にも、洗顔の時のお湯の温度が高すぎたり、洗顔後に顔をごしごし拭いたりといった肌への刺激は極力減らすことが必要です。強いクレンジング剤を顔全体に使用することもスキンケア上よくありませんので、見直してみる価値はあります。洗顔は、肌の汚れを落とすためにはしっかりと行う必要がありますが、その反面、肌の角質層にはダメージを与えてしまうということもしっかり覚えておきましょう。スキンケアを行う時にはまず洗顔が必須になりますが、それだけに、正しい方法で洗顔ができてしないと、乾燥肌の原因になりかねません。
http://www.adviesraadgevaarlijkestoffen.nl/