backtotop

Categories: その他

第二外国語ってどれが簡単なのでしょうか。
大学に入学すると英語の他に第二外国語を履修することがあります。
第二外国語はフランス語、ドイツ語、ロシア語、中国語、韓国語などがあります。

大学よってはポルトガル語やスペイン語など他にも履修可能か言語があったりします。

どの言語が簡単に学べるのでしょうか。
フランス語は、発音がとっても難しいです。
フランス語聞いているだけでも発音が日本人には難しいと感じます。
文法に関しては英語が得意な方なら問題はないのではと思います。

ドイツ語は発音が比較的簡単です。
しかし、文法が難しいです。
単語ごとに複数形を覚えなくてはいけなくなったりします。

ロシア語は発音が難しく、文法がとっても難しいです。
あと、ロシア語は文字に馴染みがありません。
キリル文字というものです。

中国語は漢字だから簡単だと思うとマズイです。
文法は比較的簡単ですが、発音が難しいです。
ピンインという4通りの発音の区別がつきにくいのです。

韓国語は、文法が日本語と同じような言語なので簡単です。
日本語と似ている言語なので、日本人には取り組みやすいです。
ハングル文字が難しいような気がしますが、それほど時間を掛けずに習得出来ます。

このように、第二外国語には日本人には苦手なものとそうでないものがありますので、ご自身の状況に合わせて選んで見て下さい。

オンライン英会話でおすすめのビジネスコースはあるのか