backtotop

Categories: 健康

毎日の入浴。入浴には体を綺麗にするだけではなく、肉体の疲れや心の疲れをとる効果があります。

心と体の疲れをとる入浴法で毎日リセットしていきましょう。

入浴というと、全身浴がいいのか半身浴がいいのかで悩むこともあると思います。どちらもいいという人がいますよね。そこでおすすめなのが両方全身浴と半身浴の両方をしてしまう入浴法です。

湯船にお湯をはったら体制を低くして首まで温めるようにします。湯温は38度~39度くらいで30分ほど浸かります。お湯を熱くすると交感神経が活発になり、その後の睡眠が浅くなってしまうので注意しましょう。

首まで温めると自律神経を整える作用があり、お腹の深部が温まるので入浴後に副交感神経が優位になります。すると深い睡眠ができるようになり、心と体の疲れが取れやすくなります。

全身浴で体を温めたら次は半身浴。体勢を起こし胸がお湯から出るくらいにします。もし難しいようならお風呂で使う椅子を湯船に沈めて座っても構いません。

半身浴をすることで、お風呂から出た時の急激な体温低下を防げます。またよく半身浴がいいと言われているのは、副交感神経が優位になるから。副交感神経が優位になると睡眠の質が上がります。

このように全身浴と半身浴を組み合わせることで、今までよりリラックスしたバスタイムを過ごすことができます。

もし湯船がない、シャワーしか使えない場合は、風呂桶にお湯をはってプチ足湯をしながらシャワーを浴びましょう。シャワーの場合は、湯船より体が温まりにくいので湯温は40度以上にして下さい。

足先には毛細血管が多くあり、足を温めることで全身が温まります。

睡眠はしっかりとれているのに疲れが取れない、お風呂に入ると目が覚めて眠れなくなるという方はぜひお試しください。

入浴後は交感神経を刺激しないよう、強い明りは避けたいところ。テレビを見たりスマホの画面を眺めたりしていると、浅い睡眠になり朝起きれなかったり目覚めが悪くなってしまいます。

眠る前は上手く副交感神経が働くようにすることで、今までとは違う睡眠をとることが出来るようになります。リラックスが大事です。

もしリラックスはできているのに疲れが取れない、朝からだるいという方は、体がエネルギーを上手く作れていないからかもしれません。

そんな時はコエンザイムQ10がおすすめです。

特に加齢とともに疲れが取れなくなっているようでしたら、エネルギー不足が原因かもしれません。コエンザイムQ10は体のエネルギーを作るのに重要な補酵素ですが、年齢とともに減少していくことが知られています。食事だけでは十分な量を補えない(イワシを毎日20匹食べられる人なら大丈夫)ので、サプリメントを利用するといいでしょう。

コエンザイムQ10はアンチエイジングにも役立つので、疲れをとりながら肌の老化を予防したりすることもできます。ぜひお試しください。

カネカ還元型コエンザイムQ10