backtotop

Categories: その他

離婚の原因にもなったのが連帯保証人の借金問題で、結婚生活を営んでいる期間中に、元夫に私名義のクレジットカードでキャッシングやカードローンをされまくり、

約十社ほどから督促状や催促の電話がかかってくるようになっていました。調停離婚をし、私名義で作った借金は責任を持って返すということで公正証書も作りましたが、定職も持たないいい加減な男だったのですぐに行方知れずとなり、結局借金を被らないければいけない羽目になりました。でもやはり、自分で作った借金でないのでどうしてもし払いたくなくて、どんな方法があるのか調べる為、区役所や市の無料弁護士相談などに出向きましたが、そこで当たった弁護士たちはろくでもなく、適当な返答しかありませんでした。

中にはとても失礼な態度を取る爺さん弁護士もおり、女性蔑視というか、今から二十年ほど前の体験なので仕方がないのかもしれませんが、法テラスの自己破産で無料相談に関してはあまりいい印象は残っていません。結局私は個人の小さな弁護士事務所に相談に行ったのですが、とても良い先生に巡り会え、借金総額もかなり圧縮してもらえました。

私名義である以上連帯保証人になるわけで、支払わなければならないのは当然であっても、そこを納得できるまで私の気持ちに寄り添ってくれたのが信頼できたポイントです。初回の相談も通常は有料でしたが、子供二人を育てていることを知ってお金を取らず、弁護士料についても丁寧に説明をしてくれ、初めて弁護士さんにお世話になったのですが非常に親切にしてもらえました。この経験からやはり相性は大切だなと実感しています。