backtotop

Categories: 健康

筋肉痛はなぜ起こるのでしょうか。
激しい運動などをやった直後や翌日になると痛みが発生することがあります。

筋肉痛は、激しい運動などをやると筋肉の筋繊維が傷つきます。
傷ついた筋繊維が回復をする時に炎症を起こします。
これがいわゆる筋肉痛となって現れます。
筋繊維の炎症が引けば筋肉痛も和らいでゆきます。

激しい運動や普段使わない筋肉を使うと筋肉痛になる可能性が高まります。

では、筋肉痛を出来るだけ起こさない方法ってあるのでしょうか。

運動をする前のウォーミングアップが大切です。
軽くランニングをすることによって血行が良くなります。
また、激しい運動が終了したら軽くランニングをしてクールダウンをすると効果的にです。
ストレッチをするもの効果的です。

運動をした夜の入浴は熱いお風呂に入るのではなく、温めのお風呂に入るほうがイイです。
全身浴を行い、疲れた筋肉を揉んでほぐすとより効果的です。

急に運動をしたり止めたりするのではなく。激しい運動の前にと後ろに運動をする準備と運動を終わらせる準備をすると翌日に筋肉痛にならないで済むかもしれません。

激しい運動などをやると筋肉痛になるのは、やむ得ないことかもしれません。
しかし、準備やケアをすることによって、激しい痛みを抑えることが出来そうです。
腰のケアに使えるマッサージ器具がある