backtotop

Categories: IT

URoad-Home2+はホームルーターとして製造されたWiMAX端末で、バッテリーを内蔵していない関係上、使用目的は屋内使用のみに限られています。

そんな面はありますけど、可動式の高性能アンテナが外付けになっており、受信性能の高さが特徴の一つとなっています。加えて、一度に16台もの機器をWi-Fi通信可能ですし、2台の機器を有線接続する事が出来ます。
その他、WiMAX通信のみを使用するノーリミットモードに対応していますので、速度制限に囚われる事なくインターネットを利用する事が可能です。WiMAXの魅力は、インターネットアクセスを無線通信で行なう事が出来ると言う特性にあります。

無線を使用するので、固定回線のように契約くした住所に縛られる事がありません。また、WiMAX機器はポケットサイズですし、どこへでも持ち運ぶ事が可能です。(WiMAX 2+の新製品Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)が登場!従来端末と比較より)

 

そんな部分を考えると、タブレットとの組み合わせが良いです。
ですので、WiMAXとタブレットとのセット売りを行っているプロバイダも存在します。
UQ WiMAXではなく、KDDIのWiMAX機器として販売されているSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度を370Mbpsも出す事が出来ると言う部分が強みのWiMAX端末です。これだけ速い通信速度を出す事が出来る秘密は、WiMAX 2+とFD-LTEを使ったキャリアアグリゲーションにあります。
この3波CAですけど、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数帯域を同時利用する事で、下り最大通信速度が370Mbpsと言う驚きの通信速度を達成出来ていると言うわけなのです。
ですが、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を販売している店舗には限りがあるので、選択出来るキャンペーン特典の選択の幅もそんなに多くありません。WiMAXサービスを導入した事により、私のライフスタイルは変わりました。
最も大きかった事は、スマホで7G制限を気にする必要がなくなりました。

 

Wi-Fi通信を使用してWiMAX端末でインターネットを行なうので、スマホの通信量は消費しなくなった訳です。ですので、スマホサイトに動画が埋め込まれている場合であっても、気にせず普通に観れる状態になりました。
UQ WiMAXサービスには様々な料金プランがありますが、25ヵ月間の契約が基本です。その訳は、25ヵ月間継続の契約を行なう事によって、25ヵ月間の月額料金が500円分割引きになるトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。

 

それに、契約から26ヵ月目以降になると長期利用割引が適用されるので、おのずと、契約期間中ずっと500円割引きされた状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事が出来ます。

 

500円と聞くとそんなに高額な金額ではありませんけど、値引きが適用されるのは毎月の事ですから、お得感は積もり積もって大きいものとなります。Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOと言う機能を搭載して、下り最大通信速度が従来の二倍となる220Mbps出る部分が特徴のWiMAX端末です。
4×4MIMOって言う機能はWiMAX端末内に装備されている4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線同時の通信を行なう技術の事です。

その技術により、下り最大の通信速度が以前の110Mbpsから、二倍の220Mbpsになるのです。

そして、Bluetoothにも対応していますから、Wi-Fiよりも少ない電力でテザリングを行なう事が可能となります。

Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02とは、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリー消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。なぜかと言えば、Speed Wi-Fi NEXT WX01で新たに導入された4×4MIMOは通信速度が倍になるメリットがあるものの、バッテリー消費が著しかったからです。
そんな理由で、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの量で判断して4×4MIMOから2×2MIMOへとオートマチックに切り替わる機能となる、バランスモードと呼ばれるモードが新たに搭載されました。合わせて、三日間の通信使用量がディスプレイされる機能が新たに搭載され、混雑回避のための速度制限に対する対策がしやすくなりました。

 

最近のWiMAXサービスと言うと、au 4G LTE通信に対応しているWiMAX端末もラインナップしています。au 4G LTE通信はauの基地局から発せられる通信回線を使用し、日本の人口カバー率が99%を超えている、とても繋がりやすい通信回線なのです。
800MHzと言う低周波数を使うプラチナバンドで、障害物があっても貫通したり回り込んだりするので、奥まった場所まで電波が行き渡りやすいです。
従来のau 4G LTE通信の下り最大通信速度は75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsと言う高速通信に対応している地域や、下り最大通信速度が150Mbpsに対応しているエリアも拡がって来ています。WiMAXを使用する時に、注意すべき速度制限は二種類あります。一つめは、月間データ量による速度制限と言われている、7G制限って言われているものです。

二つ目は、混雑回避の為の速度制限って呼ばれるものが存在します。ギガ放題プランへ申し込むことによって、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限は免除になります。

 

しかしながら、混雑回避の為の速度制限は適用範囲になります。
nifty WiMAXと言うプロバイダでWiMAXサービスの申し込みを行なうと、Wi-Fiサービスを無料で利用する事が出来るキャンペーン特典が貰えます。キャンペーンに対応するWi-Fiサービスですが、具体的には@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類となります。その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスなのですけども、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を使用する事が出来るようになります。WiMAX端末が手元になくても使用する事が出来ますし、帯域制限も気にしなくて良いので、とても評判の良いサービスになってます。WiMAXサービスですが、このネット通信サービスって、7G制限が行われない分、少しは使い勝手が良い点が特長となります。
そう言う理由で、たっぷりとインターネットを楽しもうと思っている方にとって、最も適したモバイルインターネットサービスです。
通信制限をいちいち気にしてられないのならば、一案として考えてみてはいかがですか?WiMAXサービスを使っていて感じる利点は、いくつか存在します。
最初に思い浮かぶのが、無線のインターネット回線ですから、任意の場所からインターネットアクセスが可能な点が挙げられます。続いて思い浮かぶのが、モバイル回線って事で、インターネットの回線工事が必要ないと言う点が挙げられます。

更に、モバイルのネット通信ですから、安くインターネットを導入でき、月々の通信費は安くなります。

 

また、帯域制限の規制が緩いと言う点も、WiMAXの人気の秘密と言えます。
周知の通りWiMAXには通信制限がありますが、そんなに厳しいものではないです。ギガ放題プランへ申し込めば、ハイスピードモードに対する月間データ量による速度制限はないです。
混雑回避の為の速度制限も、他社モバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を使用する事が出来ます。

帯域制限が掛けられた時であっても、動画を観る事が出来る通信速度はキープされます。UQ WiMAXサービスを契約すると、その利便性の良さにビックリさせられます。

 

自分が契約後に感じたのが、速度制限が厳し過ぎないと言う部分です。

自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なのですけど、通信制限でイライラする事が無くなりました。

UQ WiMAXにも速度制限はありますけれど、ギガ放題プランであれば気になるレベルでは無くなるのです。
WiMAXと契約を申し込む時、色々なキャンペーン特典が付いて来ます。

中でも便利なのが、公衆無線LANを利用出来るようになるサービスでしょう。
UQ WiMAXだとUQ Wi-Fiプレミアム、そして、@nifty WiMAXだったら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言う感じのものです。

どのプロバイダと契約をしても利用出来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、数多くのWi-Fiスポットと提携しているサービスです。BIGLOBE WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込みをすれば、二種類のキャッシュバック特典の中から好きな方を選択する事が出来ます。

一つ目のキャッシュバックキャンペーンが契約12ヵ月目に手続き開始になる現金でのキャッシュバックで、もう一つのキャッシュバックキャンペーンが24ヵ月間ずっと毎月900G貰えるGポイントでのキャッシュバックです。

Gポイントでのキャッシュバックの方が貰えるキャッシュバック額が少し多く、早い段階から受け取れるのに合わせて、貰い損なってしまうリスクも現金キャッシュバックより低いです。GポイントはBIGLOBE WiMAX 2+の月額料金の支払いに利用可能ですし、楽天ポイントやWAONポイントやAmazonギフト券などの約140社のポイントに変換出来ます。

 

WiMAXサービスを提供してるのプロバイダの中には、完全独自のキャンペーン特典が用意されているところも存在します。

例を出すと、DTI WiMAX 2+ってプロバイダの場合だと、DTI Club OffってDTI会員限定のオリジナル割引特典が利用出来ます。DTI Club Offとは、全国各地にある旅館やレジャー施設、その上、温泉施設やインテリアショップ、レストランや宅配ピザなどなど、色々なサービスを特別な優待価格で利用する事が出来ます。展覧会やミュージカルのチケット、美術館やカラオケなど、書ききれないくらい対象となるサービスは幅広いですから、色んな人に価値を感じて貰う事が出来ます。WiMAXの強みは、速度制限の規制が厳し過ぎないと言うところにあります。他のモバイルインターネットサービスなら、速度制限が恐ろしくて映画など視聴出来ません。
可能な事と言えば、5分くらいの動画を数日に一回程度観る位でしょう。

けれども、WiMAXだったら堂々と映画が観れますし、24時間インターネット放送を流しっぱなしにしても平気です。

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションと言う機能を搭載し、初の下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末としてラインナップされました。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が登場した当時はキャリアアグリゲーションに対応している地域は限定的でしたが、今は対応地域が広がっています。そして、au 4G LTE対応はHWD15からそのまま踏襲し、広大な地域での通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つになってます。
当然の事、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う専用の充電台にも対応してて、充電しながらのインターネットにも対応してます。

 

Broad WiMAXは株式会社LinkLifeが管理するWiMAXサービスで、特に月額最安プランが印象的です。
月額最安プランの特徴を挙げるとすれば、月額料金が安い分初期費用が必要となる点にあります。ですけど、一定の条件を満たす事で初期費用がタダになるWeb割と言うキャンペーンが行われていますので、結局は初期費用を支払う必要が無くなります。
しかも、好きな時に他のインターネットサービスへ乗り換える事が出来るご満足保証と言った保証制度があったり、WiMAX端末が最速で即日発送されると言う点もBroad WiMAXの特性になっています。WiMAXの端末の機種には、au 4G LTEと言ったauの提供する通信回線を扱えるものもあります。
au 4G LTEは人口カバー率99%と言う利便性の高い通信回線で、広いエリアで繋がります。

 

それから、800MHzのプラチナバンドの電波を使っていますから、奥まった部分にまで電波が行き届きます。難点としては、一回でも使用すると月額1005円の回線利用料金が請求されますし、ギガ放題プランであっても速度制限が普通に掛けられます。月額料金の安いWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXと言ったプロバイダがございます。びっくりするほど月額料金が安いプロバイダですから、色々と条件を付けない中であれば、業界最安値のWiMAXのプロバイダであると言えます。

ですけれども、auスマートバリューmineには非対応なので、auにてスマートフォンやケータイと契約しているユーザーにとっては、ほとんどうまみのないWiMAXのプロバイダとなります。
はたまた、電話でのユーザーサポートが休日以外の10時から18時までだけ対応となっている為、そんな部分でも注意が必要なWiMAXのプロバイダと言えます。
モバイルのインターネットサービスは、WiMAXの他にも色々なサービスが存在します。具体的に言えば、速度制限のないぷららモバイルLTEと言うサービスが存在します。ぷららモバイルLTE速度制限が無いと言う話は間違いなくそうですが、上り下りの最大通信速度は3Mbpsほどしか出ないです。

 

この通信速度って、速度制限時のWiMAXの通信速度よりも遅いです。
つまり、速度制限が無いとは言えども、WiMAXと比べるならば、常に速度制限状態だと言えます。WiMAXのサービスの中において、最もサポート体制が充実しているのはUQ WiMAXでしょう。
WiMAXサービスに対する情報を最も持っていますし、トラブル時の対応も最も早くて的確で、電話サポートの受付け時間も一番長いです。
ですけど、UQ WiMAXはその分キャンペーン特典の内容が今ひとつですから、代理店と契約をすると言う方法もあります。代理店だとキャンペーン特典がある程度充実していますし、サポート対応はUQ WiMAXを利用すると言う良いとこ取りが可能です。

 

WiMAXは幾つかある料金プランの選択が必要です。

プロバイダ毎に少し異なるものの、2種類の料金プランが存在します。その料金プランとは、通常プランとギガ放題プランと言う2種類のプランがあります。ギガ放題プランの場合は月額料金が高額だと言うデメリットはあるものの、その分だけたっぷりと通信量を楽しむ事が出来ます。逆に、通常プランと言う料金プランの場合は安さが売りですが、その分だけ速度制限の規制が厳しくなると言う点に注意しましょう。毎月どれだけ通信を行なうかを考えながら、お好みの料金プランで契約を行いましょう。

 

GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込みを行なうと、月額料金の決済ごとにGMOポイントが100pt貯まります。貯まったGMOポイントはBBウォレットで100円に換金可能で、GMOとくとくBB WiMAX 2+の使用料金の支払いに利用する事が出来ます。BBウォレットの口座に現金を入れておけば、何もしなくてもGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金の支払いとして使用されます。
更には、GMOポイントは約2万店の提携店のネットショッピングで現金の代わりに利用可能だったり、クーポンサイトのくまポンで現金代わりに使用する事も出来ます。
電器屋さんで、光インターネットサービスを始めないかと勧誘を受けました。でも、WiMAXを使っている私ではありますし、当然、光回線は必要ありません。店員にその旨を伝えると、呆れるような返事が返って来ました。
WiMAXって、強風の日とか使えなくなるでしょう?なのですが、これまで毎日のように使っているWiMAXではありますが、強風でWiMAXが使用不能となる日は一度もありませんでした。嵐で天気が大いに荒れた日は何度か経験しましたが、WiMAXの使い勝手が悪くなるような事はありませんでした。
WiMAXサービスを提供するプロバイダの中でも、ちょっと変わっているのは3WiMAXと言うプロバイダです。

 

WiMAXサービスのプロバイダと言うとUQ WiMAX系統のものが殆どなのですが、3WiMAXはKDDI系統のWiMAXサービスを提供しています。そう言う理由から、3WiMAXにはラインナップされているWiMAX端末の機種が、他のプロバイダとは全然違います。
例を挙げれば、3波を束ねるキャリアアグリゲーションにより下り最大通信速度が370Mbps出る点が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出せるUSBタイプのWiMAX端末であるSpeed USB STICK U01は、UQ WiMAX系統のプロバイダには提供されていません。WiMAXの通信を行なう為には、専用の通信回線が必要です。
新しいWiMAX端末が次々と発売されていて、新技術が次々と導入されています。

一例を挙げると、WiMAX端末にWiMAX回線以外のWiMAX 2+回線やau 4G LTE回線も使用可能となりました。

 

その他にも、通信速度が年々速くなって来ている点も挙げられます。キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが導入され、通信速度が110Mbpsから220Mbpsへと向上しました。

WiMAXサービスを取り扱っているプロバイダの中の一つに、So-netモバイルWiMAX 2+って言うプロバイダがあります。

このプロバイダが運営しているWiMAXサービスですが、12ヵ月間セキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う点が特徴です。

このセキュリティサービスなのですが、カスペルスキーと言う会社のマルチプラットフォームセキュリティと言う名称のセキュリティサービスです。
本来は月額500円のサービスですから、金額的に6000円分のお得感があると言えるでしょう。